←prev entry Top next entry→
「福島県安全で安心な県づくりの推進に関する条例」説明会で事例発表
4月1日に「福島県安全で安心な県づくりの推進に関する条例」が施行されたのはご存知ですか?

この条例の目指す「安全で安心な県づくり」への理解を深めていただくこと、また、県民等による地域での自主的な活動の輪が広がる契機となることを目的として、説明会が開催されます。

この説明会では、各方部で防犯などの住民活動に取り組んでいる実践事例として、チャイナックス代表の伊藤が活動報告をすることになりました。(22日の福島会場のみです)

弊社は、日本語の読み取りが困難な外国人、視覚にハンディキャップを抱える方など、必要な情報を十分に受け取ることができず、行動が制限されてしまう方々が少なくない事に配慮し、

年齢や性別、身体的特徴、使用言語の違いに関わらず、情報の内容を十分理解していただけるように、情報の伝え方をデザインすること、それを「コミュニケーションにおけるユニバーサルデザイン」と名づけ、企業活動をしてきました。

「安全・安心のまちづくり」を進める福島県の実践事例として、これまでの活動をご紹介できる事は非常に光栄です!

今後も専門性を活かし、地域社会に貢献していきたいと思います。


開催会場は次の通り。時間はいずれも午後6時半から。
 ▽22日=福島市・コラッセふくしま▽25日=白河市・県白河合同庁舎▽28日=郡山市労働福祉会館▽6月1日=会津若松市・北会津公民館▽同4日=南会津町・県南会津合同庁舎▽同9日=いわき市・県いわき合同庁舎▽同12日=南相馬市・浜高等技術専門校



県のHP→こちらをご覧ください。


| news-chinax | ニュース | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://news.chinax.jp/trackback/1226620