2009年を漢字一文字で表すと・・・
 今日は2009年の大晦日。
あと12時間で2010年の幕開けです。

毎年話題になる今年の漢字一文字は“変”でしたね。
まさに日本はチェンジの一年でした。

自分にとって2009年を表す漢字を考えました。

2009年はプライベートではこれまでの人生でお世話になった3人の
方が相次いでこの世を去り、悲しい一年でしたが・・・

“挑”。

そう、2009年は“挑”。(ここ数年、ずっと“挑”かも・・・)
寂しさをバネになどとかっこよくは行きませんでしたが、一つの目標に
向かって挑み続けた一年でした。

今年は新たな出逢いもありました。
全国展開するホテルさんの多言語DVD制作に携る事ができました。
自治体さんの観光多言語HPの翻訳を担当させていただくことができました。

この一年お世話になった方々、支えてくださった方々、そして天国で見守って
くれているであろう方々に、感謝です。

来年は皆さまにさらにお役に立てるよう、“挑”みつづけます。




| news-chinax | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
巨大雪だるま 雪をもたらしますように!


2009FISフリースタイルスキー選手権大会猪苗代大会の開催が、あと16日に迫りました。

猪苗代町のあちこちでフリースタイルの旗がはためき、賑やかになって来ました。

猪苗代町に出向いたときにはいつも地元のおいしいおそばをいただいてくるのですが、そのひとつ「いわはし」の駐車場に、ドでかい雪だるまを見つけました。(写真)

今年は雪不足だそうです。この雪だるまが雪をもたらしてくれるといいのですが・・・。

写真左後ろは磐梯山。雲ではっきり見えなかったのが残念です。




| news-chinax | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日の安達太良山。スキーシーズンへカウントダウン!

11月下旬どっさりと雪が降ったあだたらスキー場。
本格的スキーシーズンを前に、スタッフの方々はスキー場オープンの準備に大忙し。

「スキーより温泉」になって久しい私ですが、外国人観光客をお迎えしようとするスキー場とご縁ができ、足しげく通うようになりました。

先月雪が降ったあと、すぐさま冬タイヤに履き替え、準備万端。
(今年は新しいタイヤを購入しました!)
でもスキー場へ行く日は天気予報でチェックしてから決めています。

昨日はかなりぽかぽかの小春日和だったのですが、今日はどんより曇り空。
岳温泉から安達太良スキー場までは、かなり運転技術が試されるのでは・・・。
もし凍結していたら・・・なんて考えたくもありません。

こんな私の気持ちを察してか、スキー場へ向かう途中、薄日が差してきました!
(お天道様、ありがとう!)

スキー場は思った以上、雪が積もっていました。

オープンは19日だそうです。雪の積もり具合では13,14日になるかもしれないとのことでした。

色とりどりのウエアーに身を包んだスキヤー、ボーダーで賑やかになるのももうすぐです。




| news-chinax | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いよいよ北京オリンピックの開幕です!!


北京オリンピックマスコット《五福娃》のバッチ。
全部付けてみました! パチリ!!


2008年8月8日午後8時、
待ちに待った北京オリンピックが始まりますね!

数字の8は「発(発財:財産を得る、金持ちになる)」の音に近いことから、
8が大好きな中国人。

オリンピック開催日と時間が発表になったとき、フムフムと納得(?)した人も少なくないはず。

人権問題、地震、食品問題などいろいろな大事件が、これでもかこれでもかと起きた中国。

オリンピックはスポーツの祭典でありながら、政治に翻弄されてきた事は歴史的にも明らかですが、ここまで天災人災に見舞われるのも近年稀なのではないでしょうか。

とにもかくにも、今日、幕開けです。

日本の金メダル数も大いに気になりますが、どうか何も起こらないで、順調に終了しますように・・・と、つい祈ってしまいます。

北京オリンピックのマスコット《五福娃》をご紹介します。

“貝貝”、“晶晶”、“歓歓”、“迎迎”と“妮妮”。

それぞれ魚、パンダ、ヤギ、ツバメそして聖火をイメージしているそうです。

名前を一つずつ読むと、「北京歓迎你」(北京に来てね)という
文になるんですよ!

行きたかったな〜。
chinaxにあるたくさんの《五福娃》を眺めながら、テレビで楽しむことにします!









| news-chinax | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
わらじ祭りの次は・・・。
暑い日が続きますね。
皆様お元気でしょうか?

またまたブログの更新が遅れ気味になりまして
申し訳ありません。

福島の夏を彩る花火祭り、わらじ祭りは終わりましたが
東北は今が夏祭りの真っ只中。
各地で祭りが開催されていますね。

福島県内では今週の9日〜10日、郡山磐梯熱海温泉の萩姫祭りが開催されます。

南北朝時代の衣装を身にまとったミス萩姫が、各旅館主へ湯を授ける「献湯祭」をはじめ、情緒あふれる「万灯パレード」などが開催されるそうです。

この日ちょうど磐梯熱海温泉に宿泊しますので、ブログにお祭りの様子を
紹介したいと思います!

おまつりのはしごは楽しいですね。
萩姫祭りの後は、地元の盆踊り・・・かな?






| news-chinax | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あけましておめでとうございます。

「後は頼んだよ!」「任せてチュー」

2008年が始まりました。

本年はこれまでの経験と実績を活かし、これまで以上に
皆様のお役に立てるサービスの提供に努めてまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。








| news-chinax | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お世話になりました・・・あと3日で交代です!


わたしの勤めもあと3日。

この1年、チャイナックスを見守ってきたけど、
大変な1年だったな〜。

昨年から商品開発に追われ、休む間もなかった。
春には1階に移り、小売部門もがんばるぞ〜
と、気合が入ったかと思ったとたん、車に突っ込まれ
1ヶ月の休業。これはだいぶショックだったようだね・・・。

でも、良いこともあった!

「多言語UDシート」が福島県知事認定新商品に認定され、
9月には「タンパさんの外国人おもてなし会話レッスン」CD-ROMを発売。
いろいろな方との出会いもあったようだ。

来年はこれらの商品が多くの方に知ってもらえるといいね!


え?? 私の顔、何かが足りない・・・牙?

中国の干支では「ブタ年(猪=ぶた)」。だから、牙はないんだよ!






| news-chinax | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
50万円の植木鉢?

 昨日、日ごろお世話になっている旅館さんで情報交換会が行われ、
その際頂いたのが、日銀福島支店だけでGETできるという、この植木鉢。

使えなくなったお札の断片50万円分でつくられた植木鉢なんですって!
名づけて「エコポット」。
“原料はお札100%ですから、土に戻る、環境にもやさしいポット”との
メッセージ。

よく見ると見慣れた万札の模様や文字の断片が、確かに。

これを溶かしてジグゾーパズルのように組み合わせる?
いやいや、この植木鉢に植物を植えたら金貨が実ったりして・・・

こんなことを考えるのは私だけでしょうか・・・。
| news-chinax | 独り言 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
美味!会津郷土料理

会津郷土料理:こづゆ、鰊の昆布巻き、煮物、蕎麦のお吸い物など。

仕事で遠出した際に楽しみなのが郷土料理。福島は山あり海あり変化に富んだ土地。郷土料理も海の幸から山の幸まで楽しめます。

ここ数年は、会津地方にお世話になることが多く、出張のたびに会津地方のうまいものを地元の方に聞き、味わってきました。

11月初旬、猪苗代では自家製の新そばを頂きました!よく噛むと甘みが口に広がり美味しかったです。

そして今回は、会津の街づくりのオピニオンリーダー渋川様にお会いした際に、渋川問屋の重厚で明治大正の息吹を感じる旧店舗を改造したお座敷で会津の郷土料理を味わってみました。

実は私の義理の父と母は会津喜多方出身。出てきたのは義母がお正月に出してくれる品々でした。

当然のことながら、郷土料理とは母の味なんですよね。

私はふと、我が家の子どもたちは大人になったとき食卓に登る何をもって母の味だと感じ、福島の郷土料理だと懐かしむのだろうか・・・という疑問が沸いてきました。

福島の郷土料理はイカ人参ですが、作ったことはないし良く味わったこともありません。(他にもあるのでしょうが・・・)

また、仙台の母が作る定番料理は果たして仙台郷土料理かどうか疑わしいし・・・(母の面子を保つため創作郷土料理ということにしましょう)。

深い味わいのある鰊をかみ締めながら、日々の食卓を見直し、郷土料理・母の味を大切にしなければと、しばし反省した私でした。













| news-chinax | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フルーツ王国福島ならではの総合学習
もも

今日は桃を持って帰ってくるから楽しみにね〜〜!

今朝、小学5年の娘は家を飛び出していきました。

よる帰宅すると、机の上に桃3キロ入りの箱がドン!と
置いてありました。
どれどれ・・・開けてみると葉っぱをつけた立派な
桃が6つも並んでいるではありませんか。

早速、記念写真。

この桃は「川中島」。コリコリとした歯ごたえが美味しい
桃です。
この桃が並ぶと桃はもうすぐおしまい。次は葡萄、梨、そして
りんごの季節がやってきます。

娘の通う小学校では、福島市飯坂の桃農家の方の協力を得て、
5年生の総合学習の時間に桃の栽培について学習していたのでした。

そして今日が楽しみの収穫の日だったのです。

実際に農家に伺っての体験は3回。

4月授粉
6月摘果
8月収穫

この間、総合学習の時間に桃の種類・実の付きかた・福島の果物・農薬を少なくするための工夫などを学んだそうです。

娘曰く、
一番印象に残ったのは授粉。桃の花がとても綺麗だったとか。こんなに大きな桃がなるとは思っていなかったので、とてもびっくり。普段できない体験ができて楽しかった!!

子どもたちのために桃農家の方は日々お世話をしていたのでしょうね。
ありがとうございました。

福島市では

「花も実もある福島市」

というキャッチコピーをよく目にしますが、福島の良さをよく表現して
いると思います。

果物の花は清楚で綺麗なんですよ。
花も楽しみ、実も楽しむ。
何と贅沢なんでしょう・・・

福島市らしい体験学習ができるって、すばらしいですね。
このような経験が郷土愛を育むのだと思います。



| news-chinax | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |